周りからの「○○を商品化してほしい」はどう判断する?

はい。今日は台風のようです。
これから来るのかな?
大阪は今、静かです。

私は自宅療養中ですが、二日くらい寝まくって
頭がはっきりしてきたので
ブログ書いてます。

寝巻ですいません・・笑
私

紋様色彩画ぬりえの会の募集
早めに始めましたが、
ぽつぽつとお申込み頂いており感謝です。

早い人は早いっ

でも、まだまだ大丈夫ですよ~
お申込みお待ちしております。

→【10月11月】紋様色彩画ぬりえの会・募集中アイコン 花

さて、
自分がぬりえの会を始めようと思ったのって、
なんだったかなーと思い出してみました。

周りからの「ぬりえ作ってほしい!」
という声からでした。

今思えば、ぬりえ本のことだったのかもしれないけど、笑
私は「ぬりえの会始めてみよー!」となりました。

一番初めの時の会。細かい線画を作り過ぎて反省した
紋様色彩画 ぬりえ

「○○してほしい!」という周りの声って
あまりあてにならないので採用しないように
という考え方もあるのだけど。

私の場合は

アイコン 四角「○○してほしい」が複数人・多くいる
アイコン 四角自分もしてみたいかなと思う事柄である
アイコン 四角実現可能である

という条件が合致したら、することが多いです。

こういう声が出だして、すぐにすることは少なくて、
だいたいは数か月~半年経ってからとか。

最初は人に言われてるだけで、
自分の中に浸透していないんですよ。

少し時間が経って、

その言葉が自分の体になじんだら・・
腑に落ちたら・・

実行する感じです。

大祓祝詞 グッズ 手ぬぐい 紋様色彩画

こないだ発売した「大祓祝詞手ぬぐい」
この条件に当てはまっていました。

(→画期的な大祓祝詞手ぬぐい。まだまだ販売中ですよー!)

手ぬぐいになったら嬉しい!
という声を複数もらっていて、

でも、自分の中では

「えー?てぬぐい?どうやって?
正方形だし・・どう配置すればいいのかイメージもわかないなー
フルカラーでできるのかな?この細かいの再現されるのかな?」

という疑問符だらけで

もやっとしたまま、
もちろん良い返事もせずでした。笑

でもまぁ、「もやっと」
少しはっきりさせとこうかということで
手ぬぐい専門業者さんのHPを見て、
私の絵も見せて、質問してみたところ

「できると思います」

というお返事はもらった。

お返事はもらったけど、まだピンときてなかったので
そのまま保留して数か月・・・

「あ、手ぬぐい用に横長の図案書いてみようかな」
って気になったので、動き出して販売に至る。

そんな感じです。

大祓祝詞 グッズ 手ぬぐい 紋様色彩画

だから、
「周りからの小さな声を自分の商品に反映させる」
っていうのもありっちゃありです。

ただ、自分の中で腹落ちしてからする。
っていうのが重要なのではないかと思います。

ここで言う「腹落ち」「体になじむ」っていうのは
うーん。なんていうのかなー
「自分ごとになる」の方がわかりやすいかな?

自分ごとになってるってことは、
人が集まらなくても、売れなくても、おもしろくなくても
「自分の責任」って思えること。

誰かが言ったことを、
そのままやってみたけどなんかイマイチの結果で
あーあの人の言うこと聞かなきゃよかったなー

っていうのはダメってことです。

OK??

伝わったかな。

ぬりえの会

ぬりえの会も、ほんとーに
手探りでやってきて

私の中でかなりなじんできました。
誇りを持てるようになってきました。

時間かかったけど、
時間かかるけど、
そういうご褒美はあるよ。

がんばってこー!

ぬりえの会

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする