オンラインイベント(Remo)出店してみての感想と課題

いつもお世話になっております。
画家の森田明子ですアイコン リボン

わたし 私

10月10日に出店した
オンラインアーティストイベント「これが私展」

11月28日に出店した
オンラインイベント「ハンドメイドオンラインマルシェ」


二つのイベントで私が試したこと、
そしてその結果について残しておこうと思います。

ちなみに、Remoという媒体を使った
イベントでした。

→Remoとは(他サイト)

知らない方のために
Remoについてザックリ書いておくと

オンラインの会場が
結婚式場を真上から見たような図になっており
机と席がいくつもセットされています。

それがリアルイベントで言う「ブース」として
割り振られていて、
お客様は空いている席をダブルクリックして
そのブースの主と話すことができます。

出店者は、PCカメラで自分を映すのと
シェアスクリーン機能で動画や画像などを
見せる
ことができます。

実際のお買い物については、
ネットショップを持っているか
オンライン決済ができる
ことが必須。

今回は「BASE」で作ったSHOPを
活用されている方が多かったです。

10月のアーティストイベントでの見せ方・導線

さて、私が実際に
どういう出店形式を取ったかを
書いていこうと思います。

まず、前回の10月のオンラインイベント
でのこと。

アーティストさん30人が集まるイベントでした!

その時は、

画面に自分自身が映る形で、
制作過程などの「イメージ動画」
をスクリーンに流しました。
動画のQRはホームページに飛ぶようにしてました。

結果、
自分の絵の発展の歴史、画家としての歴史、
絵の描き方、モチーフの成り立ち、
などを聞かれることが圧倒的に多くて、


自分の世界観のことを
4時間ずっと話していたような気がします。


わたし 私 ライブ配信 オンライン発信

「人」が中心になって映っているので、
直接質問したり話したりする意識になるのは
そりゃそうで。

私自身もうまく言葉での誘導ができなかった
反省はありました。

出たとこ勝負、聞かれたことに答える、
という感じになっちゃいましたね。

11月のハンドメイドマルシェでの見せ方・導線


そして、オンラインイベント2度目の挑戦。
今度はハンドメイド作家さん中心のマルシェです。

アイコン 花自分自身は映さずに実演している手元を映す
アイコン 花自分は声だけ
アイコン 花しゃべらない時は音楽を流している
アイコン 花スクリーンに映す動画は
商品の画像と名称と値段をはっきりと提示
アイコン 花SHOPに直接飛ぶQRを貼る。

という風に意図的に変えてみました。


オンラインイベント PC


で、今回どうだったかというと、
「こういうものを売っているんですねアイコン 猫
という会話が最初から出ました。


また、ずっとしゃべっているというよりは
実演を堪能して頂く「無言」の時間も
ありました。


それも自然に発生して、
無言が不自然にはならなかったです。

世界観のお話ばかりではなく、
商品についての会話ができましたね~

私も前回の経験があったので、
より具体的に試行錯誤できたのが
よかったです。

アイコン 王冠前回は「アーティストのグループ展」
今回は「マルシェ」だったので
まぁ、方向性としては合っていたのかなーと。


紋様色彩画 下絵


あと、自分自身を映さずに
手元だけを映すことで、

「しゃべらなければ!」という
プレッシャーがなくてよかったアイコン 猫

という感想を頂いたので

知らない人と話すのが苦手なお客様には
この方がいいのかもしれません。


なんだか、
かっちりした感想になってしまいましたが、笑

「出展でこの形式を試してみた!」
という視点からお話しました!

オンラインマルシェやオンラインイベントに
出店する予定がある方は
参考にしてみて下さい!アイコン 猫

ライン

アイコン 矢印アイコン 矢印そんな森田さんが、ただいま募集中なのは・・?

→原画の販売はこちらアイコン 花

個展 大阪

→大祓祝詞手ぬぐい販売中アイコン 花

大祓祝詞 グッズ 手ぬぐい 紋様色彩画

→紋様色彩画名刺・受付中アイコン 花

名刺 見本

→古神道「十種(とくさ)の宇宙」オーダー絵画制作アイコン 花

十種の宇宙・十種神宝

→ネットショップは年中稼働してますアイコン 花

プラスティック製スマホケース

→無料ダウンロードぬりえ一覧アイコン 花

ぬりえ 無料 フリー