ひたすら祝詞をアートにすることを考えた、大祓祝詞のアート作品

おかげさまで、大祓祝詞手ぬぐい、
順調に売れていますアイコン 花アイコン 花

大祓祝詞手ぬぐい

大祓祝詞・・・

なかなかマニアックな内容なのですが、
私の周りにはそういうところまで
わかってくれる人が多いんですよねぇ・・

紆余曲折?してきた自分の人生の中で
やはり神社が好きな人だったり
その真理に共感する人だったり
周りには自然と多くなるんです。

ここ数年でいうと、
そういうジャンルとは全然違う人たちの方が
つながりが濃かったように思いますが。

大祓祝詞手ぬぐい

私の場合は、
もちろん生まれも育ちもみたいな
もんですから、笑
自然と身についている部分もあるかと思います。

「祝詞(のりと)」というのも、
全く知らない人にとったら
何か特殊な遠い存在のようでしょうね。

私にとっては
身近で、普通のものです。笑

変わってるでしょー

アイコン 矢印奈良の高鴨神社
高鴨神社 奈良

大祓祝詞を絵にする、ということを
し始めた時に、一番心がけていたのは、

「パッと見て祝詞っぽくないこと」でした。

なんかこう、
「特殊っぽい」雰囲気を
すっぽりアートにしてしまいたかったのです。

なので、すいませんが
読みやすさなんてまず考えていません。

ただ、「アートにすることだけ」
論点を置いています。

祝詞自体の持つパワーというのは
もちろんあるでしょう。

そのパワーに頼った商品ではなくて、
パワーを内包しつつも美しくかたどり、
ただただ「アートである」ことを追及しました。

大祓祝詞 神社

手ぬぐいに関してはさすがに
「文字がはっきり印刷される濃さ」
「印刷に出やすい色バランス」
といったところにも着目しないといけなかったですが。

基本的に、
機能性は考えていません。

それでも偶然、
誰かにとって機能的になっていたのなら
幸運なことです。

(実際、機能的だったというご感想もあるのですよー)

アイコン 矢印奈良の石上神宮
石上神宮 神社

私にとっては
大切なアート作品のひとつであり、
何かを主張するためのものではないので、

「全然そういうことわからなくて・・」
という人もバンバン買ってもらって大丈夫です。笑

素敵だなー!
と心が共鳴する方
おすすめの手ぬぐいです。

→大祓祝詞手ぬぐいはこちらで販売中アイコン 花

大祓祝詞 グッズ 手ぬぐい 紋様色彩画