紋様の意味。紋様とはお守り。

紋様 模様 世界 本 お茶

紋様とは、お守りなのだな、
と知れば知るほど思う。



家族を守るため、
大切な人を守るため、
家を守るため、

人はさまざまな紋様の意味をわかりながら
刺繍し、縫い合わせ、布や服を作り上げた。

自然の中の神に祈り、
先祖に祈り、
その力をもらうために
特定の紋様を身につける。

それは
民族衣装と言われるものであったり、
布地であったり、
民芸品であったり。。

古くはそういうものだ。

紋様 模様 世界 本 お茶



便利なものが増えるたび、
科学が進むたび、
そういったものはなくなっていく。

博物館に飾られるだけのものになり、
作れる人はいなくなっていく。

今私たちが着ている服だって、
家にあるクッションの柄だって、
食器の絵付けだって、

歴史を深くたどれば全て
古い時代の紋様たちから来てる。



時代が進めば、
ひとつひとつの紋様の意味は
ぼやけていってやがて消えてゆく。



陶器とか建物とかも紋様はたくさんあるけど、
やっぱ布とか身につけるものには、
独特の凝縮されたものを感じるなぁ。

なんせ、
命(いのち)の上にまとわせるものですからね。。
服って。

紋様 模様 世界 本 お茶



命が失われることが
多い時代だったからこそ、
大切な人の体・生命を守るための
祈りや執念さえも感じさせる。

民族衣装。
(と今は言われるもの。当時は普段着でしょう)

紋様の細かい意味を知るたびに
ドキッとしたりワクワクしたり、
ゾッとしたりするもんな。

紋様色彩画 途中

ライン

アイコン 矢印アイコン 矢印そんな森田さんが、ただいま募集中なのは・・?

→大祓祝詞手ぬぐい販売中アイコン 花

大祓祝詞 グッズ 手ぬぐい 紋様色彩画

→紋様色彩画名刺・受付中アイコン 花

名刺 見本

→古神道「十種(とくさ)の宇宙」オーダー制作アイコン 花

十種の宇宙

→ネットショップは年中稼働してますアイコン 花今までの原画やグッズの販売アイコン 花

ネットショップ