個展を開くということ

個展2

個展を開催する、ということ。

「個展」ってなんだかとてもハードルの高いことのように
おっしゃる方が多いので書いておきますと、

・スペースを見つけて
・場所代を払って
・作品を作って
・ひとりで展示したら
「個展」です(笑)

ハードル高いと思われている方の言う
個展っていうのは
いわゆる画廊さんに企画して貰ってするような
もののことかな?

まあ、いきなりそれはハードル高いかもだけど、
単に「個展」をするのが夢です!
というのなら、行動をすれば早ければ半年後に叶います。

場所のハードルを少しづつ上げていくのも
いいですね。

私も一番最初は場所代5000円の、
お店の一角での展示でした。

アイコン 矢印こんな感じ。今とは画風も違う)
個展1

でもそれでも「個展」だよ(笑)

金額で言うと、
5,000円→20,000円→100,000円
と進みました。

場所や経費に先行投資した方が
最終的には利益も上がりました。

場所代だけじゃなくて、
DMハガキを作って印刷代もかかるし
グッズを作ればグッズ代、
もちろん製作費と額縁代なんかも。

集客は自分の仕事です。
それなりに場所代のかかるギャラリーさんなら
DM配布や宣伝も手伝ってくれますが。

アイコン 矢印カフェで展示した時)
個展4

お金を払って展示するなんて。。
という考えは捨てた方がいいかな。

なぜ、自分の絵に、自分の活動に、
自分が投資できないのでしょう。

自分の世界観を作り上げるのに
お金を出ししぶって、
時間をささげることもできないなんて
おかしいです。

絵描きになりたい人がよく
「パトロン欲しい」なんて言っていますが、
その前に自分に投資したらどうでしょうか。

自分でお金払って展示するのなんか
かっこ悪いって思ってたら、
そこから一生抜け出せない氣がするなぁ。

自分が投資できないものに、
誰が投資してくれるのか。

偉そうに書いてしまったが。。(笑)
私の道もまだまだこれから!
続いていくよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする