心から湧き上がるものを選びたい

いつもお世話になっております。
森田明子です。

わたし 私

心から湧き上がるもの。

それを今はとても大切にしていて。

というのも、
結構無視していたなと思うから。

心から湧き上がるものと、
頭で考えて
自分の中の恐れから選ぶもの。

それは根本的に違って
後者は気持ちよくないし
大成功はしない。

個展で関していえば
「一年に一回やった方がいいだろう」
という謎の縛りができていたんですよね。

紋様色彩画

2019年は特に。
その前まではそこまででもなかったと思う。

もちろん、年に一回開催することで
目標ができるというのはあるし

テーマを変えて作品を作ることで
新しく生まれるものもある。

毎年してくださいね、って
言って下さるファンの方もいて
それはとても嬉しいことでした。

紋様色彩画

光があれば影もあり
「一年に一回はしないと忘れられるかも」
「一応個人事業主として・・」
「現状にとどまらずに進化しないと」
とかって、無用な頭の中の声もあった。

ほんとすいません!
って自分に謝りたい気分。

2019年の体調のつらさは
それを表していたし、
個展の数日前に捻挫までしてたもんね。。

2020年という特殊な1年を経て
今、トンネルから出た気分で。

「トンネルから出たら雪国だった」
という川端康成の有名な言葉がありますが

本当に、トンネルから出たら
この世界は明るくて美しかった。

花 梅 写真 画像

トンネルは無意識に
自分で作ったものだったし
世界の美しさをより感じるために
あったものだったんだろうか。

この世界はコントラストでできていて
何かに気付くためには
「差」が必要だから。

ライン

→ネットショップアイコン 花

プラスティック製スマホケース

→無料ダウンロードぬりえアイコン 花

ぬりえ 無料 フリー