画家・森田明子の軌跡と活動内容まとめ

はじめましての方もいらっしゃるかと思うので、
こちらで画家・森田明子の活動内容など
まとめました!

私 Tシャツ 滋賀県琵琶湖ツアー

アイコン 花森田 明子(もりた あきこ)
1981年生まれ・大阪在住

昔から好きで絵を描いていましたが、
ジャンルは色々でした。

中学~高校時代は漫画を描いていたし、
大学時代は、部活でパステルや油絵を描いていました。

2012年頃に曼荼羅パステルアートに出会い、
今のようなオリジナルの絵を描くようになったのは
2013年からです。

2014年の半ばから、
画家として絵を売るようになりました。

現在は、
曼荼羅やイスラム幾何学、民族的な織物の模様など、
「模様」「紋様」といったものに
フューチャーした作品を主に描いています。

最新作は、神社の祝詞(のりと)をアートにした作品。

大祓 紋様色彩画

ガラスペンの質感を楽しみながら描いた作品も。

ガラスペン

仏教から来ている曼荼羅、
イスラムモスクを彩るイスラム幾何学、
少数民族の作り上げてきた独自の模様、
日本の伝統紋様、
などあらゆる模様に興味があります。

イスラム紋様 

模様というのは、
それぞれの民族の根底に流れる精神性や
築いてきた歴史・また願いや祈りを凝縮したものだと捉えています。

画材は、ペン・色鉛筆・パステル・アクリル絵の具などを使っており、かなり細密に描いています。

最近の趣味は、
麻の葉型組み紐でくみひもを作ること。と、
占星術の本を読むこと。

猫と遊ぶこと。

組み紐 刺繍糸 麻型

猫 なな

アイコン 矢印直近のイベント情報はこちらでお調べ下さい。

画家の活動と並行して、
生家の神社でもお仕事しております。

秋 神社

絵やグッズの販売や、様々なサービスについては
アイコン 矢印こちらのページにまとめておりますので、ご覧下さい。

紋様色彩画

アイコン 四角アイコン 四角画家への道・INDEXアイコン 四角アイコン 四角

小さい頃から絵は好きで描いてきたけれど、
それが今の活動につながるまではどういう道のりだったのか。
これからも続いていく道ではありますが!

画家への道。その1<漫画家になりたかった時期>
画家への道。その2<美大に進まなかったわけ>
画家への道。その3<パステル画を描き始める>
画家への道。その4<恩師の言葉・デッサンは学ばなくていい>
画家への道。その5<描けなかった7年間>
画家への道。その6<五感を磨くこと>
画家への道。その7<曼荼羅パステルアートに出会う→展示をやり出す>
画家への道。その8<描き方が閃いた>
画家への道。その9<閃いた描き方で、とにかく描く>
画家への道。その10<画家になることにする>
画家への道。その11<そして、道は続く>

ライン

アイコン 四角アイコン 四角勝手にネット発信史・INDEXアイコン 四角アイコン 四角

ネット発信と絵を描くことは実はリンクしていた!
ということがわかったシリーズ。

絵を描くことと共に、
ネット発信も私の人生の礎のひとつです。

【勝手にネット発信史1】ネット発信し始めた頃のこと。
【勝手にネット発信史2】ネット発信と絵を描くことはリンクしている。
【勝手にネット発信史3】周りの人が変わっていった時期
【勝手にネット発信史4】発信して、人と出会い、発信して、人と出会い、発信して。

私

個展 コラボ展

→更に詳しい情報・経歴などは、プロフィールページへ!