ほぼ菜食に、食べ方を変えました。

いつもありがとうございます。
森田明子です。

わたし 私

私の中の恐れにひとつに、
「やせすぎてはいけない」っていうのが
ありましてw

何それって感じだと思うんですけども。

私はどっちかというと、
やせやすい体質。

でも、なんとなく世間の風潮的には
ヘルシーな体と言っても
やせすぎた体は良くない、
みたいなのありません?

もう、世間の常識まっしぐらなんだけど。

やせるとですね、
「やせた?」って聞かれるじゃないですが。

元々細めなんで、
「やせたらあかんかったかな?」
って思ってしまう小心者の私w

で、実はそんなに胃腸が強くないんですよ。

なのに、
「やせないようにお肉とかも食べないと~
んで、めっちゃ運動したらいいやろ」
みたいな考えに至って

お肉系を多めに食べたりしていました。

でも胃腸が強くないんで
つらいんですよ。

なんか食べたあと眠くなるし
昼寝したら体重いし
便秘になるし・・・みたいな。

んで、更に運動しよー
ということになる。

・・だったけど、

1か月半くらい前かな?

「もうやめよー」と
牛も豚も食べるのやめました。

基本菜食、
出汁は普通に魚の。
鳥と魚は時々少し食べる。

(ちなみに、二食です)

という生活にガラッと変えました。

そしたら、体が軽いし、
食べたあとは眠くならない。
昼寝してもすぐ起きれる。
腸の調子がよい。
頭もさえてる。
放つ周波数も軽そう。

全てがよかった。

紋様色彩画 途中経過

しかし、私の中のネック
「やせすぎたらヤバイ」みたいなのが
少し発動してね。

もちろん、今まで多めに食べていた
お肉類を食べなくなった分、
体重は減ります。

けど。

たまたま友達の集まりに行った時に
身長が同じで、スリムなお友達に、
「今、何キロ?」
って聞いたら、私より何キロも軽かった!

それで、私は勇気をもらいました。
(なにそれだけど)

「あ!まだやせても全然大丈夫やん!」
ってね。

紋様色彩画 途中経過

だってさ、本当に今が楽なんです。

私はたくさんの美味しいものを
今までの人生で食べてきたけれど、
「それはもうこれからはいいやー!」
という気持ちになってるんです。

お肉を食べて一瞬の「美味しい」
という感覚を得ることよりも、
永久に体と心が楽なこと。

その方が私にはメリットがあって。

「やせたら心配かけるかな?」
っていう、私の中の、謎の他人目線が
払拭されたことで、
本当にメリットしかないなって思っているのです。

だって、体が重くなっている「時間」とか
なくなるんだし、
エンゲル係数も下がるでしょうし、
地球にも優しいやんね。

野菜も豆類もキノコもお米もフルーツも、
みんな美味しいしね!
んで時々鶏肉と魚食べるし。

無問題!

宗教的な理由でやめているわけではないので
お友達と一緒の時とかは
普通に楽しく食べるけど、

(お肉類を全然食べれないわけではないので)

基本的な生活はこれでいいかな
って思ってる。

紋様色彩画 途中経過

これは、また違う話かもしれないけど、
食に関することだから
ついでに書いておこう。

人ってね、
自分と同じだということに安心感を
覚えるよね。

世間には「不食」という
食べなくても生きていける人っていうのも
一定数存在していて、

これが意外と「大食いの人」よりも
受け入れがたいようです。

「大食いの人」をテレビとかで
見た時に、「食べ物もったいない」とか
「倫理的に・・」とか「教育上・・」とかの
理由で嫌悪感を持つ人は多い。

でも実は「不食」の人の方が
風当りが強いし
「食べないで生きれるわけない」
「隠れて食べてるに違いない」
「嘘つきだ」
と理解を得られないことが多いらしい。

「大食い」の場合は
とりあえず自分と食欲としては同じだけど
体の構造がちょっと違っちゃったのね、
ていう安心感があるんだろうね。

↓↓不食を公言している三人の本

ライン

→商品・サービス・イベント一覧アイコン 花

紋様色彩画

→ネットショップアイコン 花

プラスティック製スマホケース

→無料ダウンロードぬりえアイコン 花

ぬりえ 無料 フリー

アイコン 四角紋様色彩画・原画販売
→発表済みの絵/→フルオーダー絵画
紋様色彩画 寿の舞

→古神道「十種(とくさ)の宇宙」オーダー制作アイコン 花

十種の宇宙

お仕事のお問い合わせ、ご感想など
歓迎しております。

お問い合わせはこちらからアイコン リボン