画家への道。その8<描き方が閃いた>

前回はこちら

現在の描き方を思いついたのは、
2013年のお正月のことでした。

今でも覚えてます。

実は、2012年の忘年会で
「来年は、自分オリジナルのマンダラを描きたい」
って宣言してたんですよ。

そして、年が明けて1月2日。
「この道具とこの道具があって、こうやれば、こんなのができる」
っていう閃きがあったんですよね。

その時はできるのか半信半疑。
でも、やってみるか~ということで
お正月明けにひらめいたものを買いに行った。
(と言っても買ったのはペンとトレース台だけ)

さっそく描いてみたらできた。
今よりも簡単で小さいのだけど。

アイコン 矢印今のやり方で初めて描いた絵
曼荼羅

曼荼羅

それから研究を重ねつつ、
複雑に大きくしていきました。
とにかく描いていた1年間。

2013年は6月に、
曼荼羅パステルアートをしている人の作品を
全国から集める展示会なんかも主催してました。
最終的に56人展になりました。
記念冊子を作ったり、いい思い出です。

過去の展示 曼荼羅の宇宙展

過去の展示 曼荼羅の宇宙展

続く

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする