私よ、ピュアであれ(シン・エヴァからの学び)

いつもお世話になっております。
画家の森田明子です。

わたし 私

この間、シン・エヴァンゲリオンを
映画館に観に行きました。

みんな行ったかな?

ネタバレになるのでストーリーには触れませんが
すごい圧倒されました。

一番は、
ここまで自分の世界観を
たくさんの人に全出しできる
庵野監督がすごいって思って。

なんせ、日本国中のみならず
世界中の人が待ち望んでいるんだから。

その中で自分の全てをかけて
作品にぶつけられるって
すごいことじゃないですか。

紋様色彩画

私は、それに比べると
こんなに狭い世界で、
周りを気にして自分の世界観を
思う存分出せてないって思った。

こんなにちっぽけなのに
何を気にしているんだろう?

庵野監督がこれだけできているんだから
ちっぽけな自分がしょーもないプライドで
恥ずかしがっているって最悪だなってw

卑屈だー!って。

そう思いましたよ。

だから、もう
自分の信じている世界観を
寸止めしない。

誰になんと言われようと
そうしよう。

そう思った。

紋様色彩画

あとね、NHKの「プロフェッショナル」で
庵野監督の密着取材(なんと4年間)を
まとめたものが流れていました。

庵野監督の妥協のなさは
凄まじく、
9ヶ月かけて作ったものを
「何か違う」と感じたら
ゼロからもう一度作るという・・

スタッフの方もそれに食らい付いていくのが
すごかった。

なんかもう自分と比べるのさえ
超絶おこがましいんだけど

自分のことを恥じたよね、私。

中途半端な作品作りを
してきたなって。

ここまで感じるのは
庵野監督が
「本当の本当に自分と作品に嘘をついていないから」
だと思った。

ピュアを超えた超ピュア。

なんかまとめられないし、
「私もがんばろうと思った」とか
しらじらしく感じるから

やめておこう。

ただもう、とにかくピュアでありたい。

庵野監督と同じ時代に生まれたことに感謝。

ライン

→商品・サービス・イベント一覧アイコン 花

紋様色彩画

→ネットショップアイコン 花

プラスティック製スマホケース

→無料ダウンロードぬりえアイコン 花

ぬりえ 無料 フリー