私にとって「絵」とは。

私にとって絵とは。
何かを訴えたりするものではない。

政治的な訴えを絵に含ませたり
するものもあるじゃないですか。

紋様色彩画はその要素はもちろんない。
そして、自分の思いをぶつけるものでもない。

小作品 萌 紋様色彩画

ただ。
現実の世界とは違うものでありたい。
ここではないどこかでありたいし
つかむことができない未来でありたいし
違う次元の物事でありたい。

忘れてしまった過去
出会ったことのない誰か
行くことのできない遠い星々
フィクションの物語。

そんな場所に鎮座していたい。

紋様色彩画 イスラム

苦しいときも
悲しいときも
嬉しいときも
イライラしてるときも
笑ってても怒ってても

現実はそうかもしれないけど

絵の中の世界はいつも
違う空気とストーリーが流れてる
いつでも出入りできる

あなたにとって
そんな絵でありますよう。

紋様色彩画 ヤモリ