デザイナーさんとセミナーするよ。という話と、デザインとアートの違いとは。

はいはいはい!
新しいことに挑戦することになりました。

関西で活躍中のデザイナーのお二人と

「日本文化を活かすアートとデザインセミナーvol.1」

を開催します。

日本文化を活かすアートとデザインセミナー

和専門のデザイナーとして活動している
清水 宏積くんと、佐藤(柘植)恵月さんと
三人で話しますよー!

ライン

私って、最初から「画家」って名乗って
やってきているので、

デザイナーとかデザインってなんぞや?
っていうレベルなんですよ。

こないだもお二人と会った時に
その話してたんだけど。。。

デザインってほんで何なん?
って清水くんに聞いたら、

「問題解決をすることです」

って答えてくれた。

そうだったのか!
って目から鱗でした。知らな過ぎて。

たぶん、もう一人の柘植さんに聞いたらまた
答えは少し違ったのかもしれないけど、
清水くんの答えはそうだった。

私の絵もたまに、見た人から
「デザインぽくもありますよね」
なんて話をされたりするのだけど

これって一般人のふわっとした
「デザイン」という言葉へのイメージで、

なんか美しい模様とか
かっこよく見えるイラストとか
も!
「デザイン」ってやつかな~って。笑

私もそうでしたから・・!!

デザインが「問題解決」というゴールがあるものだとしたら、

アイコン 四角私が好きでイスラム紋様を絵で描いているのは「アート」
アイコン 四角モスクを作るために職人さんが制作しているタイルは「デザイン」

なのかなという話になりました。

モスク

だって、モスクを作るっていうことに対して
じゃあ壁をどうする?っていう問題。

そこへの「問題解決」

紋様バリバリの美しいタイルを作って
張り巡らす

っていうことになりますから。

アイコン 矢印モスクの本。大好き
画像 モスク イスラム

うおぉそうだったのか・・
って頭の中でスパークしましたよ。
新しい考えでした。

なんらかの「問題解決」のために
絵を描く事ってやっぱり少ないですからね・・

(※これは清水くんの解釈です。デザイナーがいればいるだけ解釈は少しづつ変わると言ってました)

ちなみに、私の絵こちら。

紋様色彩画 イスラム紋様

美しすぎるモスクこちら。

モスク

・・・ってセミナーの説明してないやん!!
って話なんですが。笑

こんなレベルの私も登壇してますので、
全然そんなこと知らないけど、
興味ある!
みたいな人も来て大丈夫です。笑

ちなみに、内容はそんな「デザインってなんぞや」って
話しではないと思いますが、
たぶん質問したら答えてくれると思うよ。

また、セミナーの内容については
書きますね。

では、あでゅー

日本文化を活かすアートとデザインセミナー

「日本文化を活かすアートとデザインセミナーvol.1」

■ 日時・場所
2019年9月28日(土) 14:00~17:00
御幸森天神宮(大阪市内)

■ 定員
最大20人

■ 料金
3,500円(現金・会場払)
※交流会参加費込み

→内容・お申込みについて詳しくはこちらの記事をご覧ください。