人の第六感は磨かれる

画像 神社

めっちゃ簡単なことかもしれんけど、
第六感って大切なんだよね。

瞬間的に見落としそうになることが多々あるんだけど、
後々「あれ見落としてたか・・・」って思い返されるんだわ。

「見落とす」という表現は適切じゃないな。
明らかにキャッチしてるんだけど、スルーしてしまってる、というのが正しい。

人の感覚というのは磨かれる。

例えば、自分が気味が悪いとか居心地が悪いと思う場所に
そう感じながらも果敢に踏み込んでいた時期もあった。

それはその感覚をキャッチした時に

「行かない」という選択をしていなかった頃のこと。

「入口で、すでに行かん方がええやろって思ってて
入ってみて、やっぱり行かん方がよかった」

と経験をいっぱい積んだから、
あかんなぁって感じたら今や絶対行きません。

鍾乳洞だったり、神社だったり、有名な山だったり、etc

自動的に、道連れにしていた旦那さんにはゴメンって感じww

旅先でそういうことが多かったので、
だいたい旦那さんと一緒だったww

場所ってだいぶわかりやすいけど、
同じようなことが日常にあふれていて、
そっちの方がより繊細なんだよねー!!!

小さな違和感をいかにスルーしないか。
が今のテーマかもしれん。