大学時代の私が「知覧特別攻撃隊」の本を見て描いた絵

休息 知覧特攻

久しぶりにこの絵のことを書きます。
大学1年生の時に描いたパステル画。

元写真は、この本に載っていました。

休息 知覧特攻

「知覧特別攻撃隊」

中学三年生の時の修学旅行が
九州でした。

どこに行ったとか覚えてないんだけど、
桜島の火山活動が活発な時期だったことは覚えてる。

知覧も行程に入っていて、
この本を購入しました。

調べてみると「知覧特攻平和会館」というところがあるので
きっとそこに行ったのだと思う。
覚えてないんだよ。。

おみやげ感覚で買ったのかな。
今もこの本は売っているのだろうか?

それから時が経って、大学時代
絵の題材を探していた時に
たまたま家にあったこの本から
この写真が目に留まりました。

休息 知覧特攻

ああ、いい笑顔だなぁ。
と思い、この絵を描いたんです。

休息 知覧特攻

「休息」というタイトルを付けました。

年月が経ち、捨てる本も多い中で
この本を今も持っているのは、
まさにこの絵を描いたから。

だから、今も手元にあって
なんとなく捨てられない。

何より、この本に載っている青年たちは
とても晴れ晴れとした笑顔をしていて
写真ひとつひとつがキラキラしているんだよね。

休息 知覧特攻

文章の内容は遺書がそのまま載っていたり、
いまや有名な、富屋食堂の鳥浜とめさんの
インタビューが載っていたりする。

アイコン 矢印鳥浜とめさんのことが載っているサイト

ていうか、富屋食堂が旅館になっていた。笑
→ 富屋旅館のサイト

ちなみに、新宿にある「薩摩おごじょ」という居酒屋さんが
鳥浜とめさんのお孫さんがやっているお店。

戦後、東京にいた とめさんの娘さんのところには
生き残った兵隊さんが多く集うようになったそうで、
みんなが集える場として始めたのがこの居酒屋さんだそう。

今はお孫さんが継がれていて、
祖母のとめさんやお母様に関する
様々なエピソードが聞けたりもするそうですよ。

休息 知覧特攻

こないだ、吉田類の酒場放浪記やったか、
きたろうのゆうやけ酒場やったかで出てて、
(どっちも見てるから、うろ覚えになってきている)

「あ!」って、自分の持っている本のことを
思い出したの。

で、この記事を書こうと思ってた。
なんとなく寝かしてて、
結果、終戦記念日の今日に書くことになりました。

この本、特攻戦没者の名簿なんかも載っていて、
ダーーーっと名前と生年月日と出身地が書いてある。

なんで私、この本をいまだ持っているんだろう。。

ってちょっと思うんだけど。ね。笑

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする