「たまきはる」神蔵美子

 

読書 たまきはる 本 神蔵美子

 

一昨日、ミーティングの前に少し時間があり、
パナソニックショールームの中で何気なく手に取った写真集。

 

ページをパラパラとめくって少し見ただけで、
心が持っていかれた。

 

そういう出会いは珍しい。

 

 

写真家の神蔵美子さんのことは全く知らなかったけど、
結構波乱万丈な人生を送っている方のようだ。

 

写真集といっても、
文章の割合がかなり多くて読み応えがあった。

 

 

心情の揺れ動きをキリスト教に絡めて書いてあって、
身近な人たちの人生・死・出来事が
かなり赤裸々に綴られていた。

 

この世界に無数にある「宗教観」
(と言ってもまとめればひとつかもしれない)
に私は関心があるので、
この本もおもしろかった。

 

 

かなりエネルギーのこもった本だったなぁ。
(制作年数12年だしね・・・)

イッキに読んでしまいました。