自己満足の世界から旅立つ

 

絵を売り始めて、
どうやら2年は経ったようです。

(勝手にもう3年くらいたったかと思っていた。笑)

絵や、商品を売るということ。

アーティストだから
自己満足でいいかというと
全くそうではないと思っています。

 

自己満足でいいアーティストというのは
よほどの天才か、
趣味でやっている人。

私の中ではそういう認識です。

 

個展

 

自分の世界を高めていって
作品を高めていく。

これは、天才も趣味の人も、
そして私も同じです。

 

けど、ここに、
その作品を買ってもらうことによって

どのようないいことがあるのか。
絵がない状態とある状態と、
どのように変わるのか。

その辺りを
意識化しようとする視点があることが
私は必要なんじゃないかなと
思うようになりました。

 

個展
アイコン 矢印なつかしい写真。去年の個展です

 

私の描く絵が成長することによって
(もしくは私が成長することによって)
喜んでくれる人たちがいる。

だから私は自己満足の世界から
旅立ったのです。

 

これからはそういうことも
どんどん言語化していくつもりですアイコン 花