一神教と多神教

 

 

イスラム
↑この本、わかりやすくてオールカラーでとても良かったです!やっぱイスラム紋様美しかね~

 

 

なるほどと思ったこと。

 

友人が、モスクに見学に行った際
「お祈りしていいですか?」(手を合わせていいか)
と聞くと

『本当にアッラーを信じていてお祈りをするのであればOK、でなければだめ』
という答えだったとのことで、

 

私はそれを聞いて
「えっ、ちょっと手を合わせるくらいよくない?」
って思ったけど、そこがカルチャーの違いなのかもしれない。

 

 

神社では正しい参拝の仕方は書いてあるけれど、
他のやり方をしていても、
お寺のお経を唱えていても十字切っててもオリジナルっぽくても、
割と言わないことが多い。

 

(周りに迷惑がかかったり、
悪質なのはのぞいて。
あとは正式参拝でそれやられたらさすがにツッコミいれるけどさ)

 

 

なるほど、一神教。。と。

これは否定したいのではなくて、
違いを具体的に見たという意味で。

 

 

そして、日本ってのはやっぱ多神教の世界観で、
受け入れてきた歴史があるのだなと感じた。

 

 

(日本人って
「○○さんこんにちは、いつもどうもありがとう」
「この土地を訪れることができてうれしいです」
くらいの感じでもお詣りすることがあるので、

 

モスクで
「アッラーさんこんにちは、日本に来てくれてありがとう」
くらいの・・・はあかんかな?)

 

 

特にうちの神社って
多文化真っ只中の地域にあり、

 

遥拝所には
「故郷のあるいは遠くの神様を拝むところです」
って書いてあるので、
神様の形も心の有り様も色々だよな~って私は思ってる。