【12/18石の語りべ】須田郡司さんってどんな人?

 

石の語りべ 須田郡司

 

【須田郡司さんのプロフィール紹介♪】

1962年群馬生まれ。出雲市在住。
写真家・巨石ハンター・VOICE OF STONE プロジェクト代表

群馬は尾瀬の玄関、沼田市に生を受ける。南国と異文化に魅かれ沖縄の大学へ進学。沖縄の島々を旅し、聖なる場所・御嶽(ウタキ)と出会う。東京の写真学校卒業後、雑誌カメラマンを経てフリー。

鎌田東二著「場所の記憶」(岩波書店)と出会い、次第に聖なる場所への旅が始まる。93年夏、チベットへ。94年夏、ケルトの地、イギリス・アイルランドを旅する。95年、ダンサーでコリオグラファーの山田せつ子氏・枇杷系のダンス公演にダンサーとして参加。その夏、スコットランドのフィンドホーンの仲間とチベットのカイラス山を巡礼。その後、北沢ギャラリーで天河曼陀羅Vol.6「石の宇宙」展に参加。その時、初めて石を意識し始める。96年マダガスカル、インドネシア、南米・ポリネシア(ペルー、ボリビア、チリ、ブラジル、イースター島、タヒチ、ハワイ)を巡る。鎌田東二氏のご縁で伊勢・猿田彦神社のご遷宮祭に関わり、一連のお仕事をさせて頂く。99年夏、フォトエッセイ集「VOICE OF STONE~聖なる石に出会う旅」(新紀元社)を出版。2000年、ミンドリンプロジェクトで東チベットの聖地ゾンゴへ。2001年春、中東はイラン、トルコ、グルジア、シリア、ヨルダン、イスラエル、エジプトを訪ねる。その秋、父と韓国、イギリス、フランスへの旅。2002年、石を求めてエジプト、ジンバブエ、南アフリカを訪ねる。ジンバブエの旅で見た、石の世界に衝撃を受ける。2003年秋、日本石巡礼キャラバンを三年計画(石の上にも三年)でスタート。

日本石巡礼(2003~2006)、世界石巡礼(2009~2010)を行う。2004年より石文化の魅力を伝えるため「石の語りべ」講演活動を開始し全国で講演活動を展開中。
新聞、雑誌、テレビなどのメディアでも取り上げられる。巨石写真家の第一人者。

 

石の語りべ 須田郡司

 

写真の通り、
優しげな雰囲気の方です。

須田さんの声は。。ヒーリングボイス。
ほんと、癒されるお声をお持ちです。
スライドを見るので照明を落とします。

須田さんのヒーリングボイスで
もし居眠ってしまっても気にしないで下さい(笑)

 

大きいからだに反して、
ほんと癒し系の方だなぁと思います。
(巨石写真からも癒しパワーが出てるのかもですが♪)

しかし、石への情熱と、
情報はあふれるくらいお持ちです!

ぜひぜひ、
須田郡司さんに会いにいらして下さいね♪

 

ライン

 

■□ 石の語りべ「山陰石巡礼」 □■

【日にち】 2016年 12月18日(日)

【場所】 御幸森天神宮(大阪府大阪市生野区桃谷3-10-5)
HP:http://www.oct.zaq.ne.jp/miyukimori/
JR桃谷駅から徒歩10分 、鶴橋駅から徒歩15分

【時間】14:00~15:30 お話とスライド 90分
休憩  10分
15:40~16:40  質問と交流会 60分

【参加費】2500円(茶菓子付) 小学生500円 幼児無料
☆休憩~交流会の間、お茶と簡単なお菓子をご用意しております。

アイコン 矢印申込み問い合わせフォームはこちら

 

ライン

 

アイコン 矢印【イベントの詳細についてはこちら】