画家への道。その9<閃いた描き方で、とにかく描く>

投稿日:

 

前回はこちら

 

2013年は、閃いた描き方を
とにかく深めていました。

描いて描いて描いて。。

 

初期 曼荼羅

初期 曼荼羅

初期 曼荼羅

初期 曼荼羅

 

この頃はまだ、背景をどうするかとか考えていなくて
とにかく模様部分を描いていました。

 

10点くらい作品が溜まったので、
個展をしてみようかなと思い立ったのが
秋くらいだったかな。

会場を探し始めました。
って言っても、最初に足を運んだところに
決めたので、そこしか見てないんだけど。笑

 

アイコン 矢印ここに決めました。老舗のカフェブルグ
ギャラリー カフェ ブルグ 個展

 

2月に個展をすることに決めました。

 

年明けに、
背景をやっと描きます。

 

そして、
額装をしなければと、額縁屋さんを探す。
その時点で会期が迫っていたのでちょっと焦りつつ。

最初に行った船場センタービルの額縁屋さんはとっくに閉店していて、
あわててネット検索して行った次のお店は
小売りではなくて工場だった。汗

 

その次見つけたのが今も通っているお店です。

 

アイコン 矢印梅田のギャラリー39
額縁

 

なんとか額装の手筈も整えて、
あとは展示するだけ!

 

値段をつけようと思っていたのだけど、
結局そこまで手が回らず、
展示するだけにしようと考え直しました。

 

続く。