画家への道。その10<画家になることにする>

 

前回はこちら

 

2014年2月6日から、個展が始まりました。

たくさんの知人友人が見に来てくれまして、
お店側から、好評だから会期を延ばしていいよと言われ、
結局22日まで展示させてもらいました。

 

個展

 

値段をつけようと思いながら
もういいやと放置していたのですが、
絵を買いたいという方が複数おられたので、
そこで初めて値段を付けることに。

オーダーまで頂いて、
お金を頂いて描き始めます。

 

個展

 

で、なぜだか私、
4月にも別の場所で個展を計画していました。

同じ大阪市内。
内容は同じでいいかな?
って思っていたのですが、
5点ほど増やすことにしました。

 

紋様色彩画

 

そこでまた、額装に行きました。

この時点で、
額縁の美しさに魅了され、
額装の楽しさに目覚めてしまった私は、
新作すべてをオーダー額縁にします。

 

オーダー額縁は種類も多くて質もいい。
もちろん、規格額よりも値段は高いです。

 

額縁を注文して帰る道すがら、
私は心臓のあたりが苦しくなりました。

お金をいっぱい使ってしまった!!と。笑

 

当時の私にとっては
ありえない大出費だったんですよね~

 

自分の絵にこんなにお金を使ってしまって。。
どうしよう。
私、画家になるしかない。。

 

と、ここで画家になろうと決心したのです。
えっ、きっかけってこれ!?って感じでしょ。笑

でも、そうだったんです。

梅田の阪急百貨店の前で。
ありありと、覚えています。笑

 

当時の私は、七万円をイッキに使っただけで、
心を痛めるという、小さな人でした。笑

 

続く。